Strategy

【コロナショック】収入がなくなったらどうしよう。Webを活用したこれからの働き方

これからの働き方は確実にWebの力を取り入れた働き方をするべきです。

何をするにしてもWebの掛け算が必須
一般的でわかりやすい職業でいうと

Web × マーケター = Webマーケター
Web × デザイナー = Webデザイナー
Web × ライター = Webライター

だけど、自分がやっていることはマーケターでもないし、デザイナーでもないし、ライターでもない。どれにも当てはまらないから結局はWebとの掛け算なんて無理。

って思う人が多くてなかなかWeb活用に手を出せない人が多いんだけど、実は違います。

こんなかっこいい肩書きわざわざ作らなくてもどんな仕事でも必ずWeb活用できます。

どうしてWeb活用が必要なのか?

そもそもどうしてWeb活用が必要なのかをまず考える必要があります。

例えば今回のコロナウイルスのような事が起こった場合、店舗集客オンリーの飲食店だった場合客足が途絶えたらその時点で詰みなワケです。

実際、飲食店などBtoC向けビジネスへの影響は甚大です。

東京商工リサーチは3月12日、2回目の「新型コロナウイルスに関するアンケート調査」の結果を発表した。

産業を細分化した業種別分析結果によると、「すでに影響が出ている」と回答したのは、「織物・衣服・身の回り品小売業」が83.6%、「各種商品小売業」が80.6%などで、一般ユーザーをターゲットした「BtoC」ビジネスへの影響を直撃している。

「新型コロナウイルスの発生は、企業活動に影響を及ぼしているか」聞いたところ、最多は「現時点ですでに影響が出ている」で54.8%。次いで「現時点で影響は出ていないが、今後影響が出る可能性がある」が39.8%となり、合計94.6%の企業が企業活動への影響をあげた。

このうち、大企業(資本金1億円以上)が64.2%、中小企業(同1億円未満・個人企業等)は52.7%だった。前回調査との比較では大企業が32.6ポイント、中小企業が32.1ポイント、それぞれアップしている。

impress(https://netshop.impress.co.jp/node/7391)

大企業でも影響を受けるんだから個人経営や中小企業も影響を受けるのは当たり前。さらに言うと資本力がない個人経営や中小企業は大企業以上にWeb活用してリスクヘッジをするべきなんです。

Webを活用して成功した事例

実際のお客様のお話です。

あるケーキ屋さんで店舗集客をメインにケーキを販売し、たまにWeb予約で誕生日ケーキの予約していました。

この条件はめっちゃ一般的でよくあるケーキ屋さんです。

ただ、ここのオーナーは実店舗だけじゃなくてECに乗り出したいということでご相談があり、Webコンサルとしてご協力させて頂きました。

その結果実店舗と同等程度の売り上げをECのみで叩き出すことになりました。

これ、もし今回のコロナで影響がゴリゴリ出ている店舗が事前に同じことが出来ていたらどうなっていたのでしょうか。今からECに参入しても遅くない。

会社員でもWeb活用は必須

もちろん会社員でもWeb活用は必須です。

今の時代会社が倒産するなんて当たり前だし、安定なんて言葉は信じたらダメです。

今持っているスキルを上手くWebに絡めれば絶対にそこから収益を発生させることが出来ます。

スキルを持っていないとしたら、今から勉強しても遅くありません。

手軽にブログやYouTube、ライブ配信など色々あります。

あとは行動できるか、できないか。
それだけの違いです。

どの業界でもWeb活用は絶対に必要

今の時代、お客様商売だからWebに頼らないはただの馬鹿なんです。
お客様商売だからこそWebを活用する必要がある。

Webを使って便利になった世の中なのにかなり多くのBtoC向けビジネスでWebを活用していない企業さんが多い。

問題が起きてからでは遅いんです。
だから、もし今回コロナの影響が出なかったとしてもWebを取り入れたビジネスモデルにチェンジすることが会社を守る、社員を守る、自分を守る事に繋がります。

れいペンくん

れい吉については下のボックス内からチェック!
ツイッターのフォローしてくれたら嬉しいです。

Twitter : (@reikichi_0531)
Instagram : (reikichi.0531)
YouTube : (#ぴょん吉ちゃんねる)&(れい吉)
当ブログ 🙁https://reikichi.com/)